更年期が終わっても不調は終わらない!更年期のその後の対策:アフター更年期



イライラしたり、気分が落ち込んだりしているときって、一つも良いことがないような気がしませんか?運が良かったり、良いことが起こる人は、常に元気で明るい笑顔で生き生きしています。 更年期の症状を抑えることが可能な、更年期サプリで運がよくなる?!かもしれませんよ(^^♪



更年期の年齢が終わった!! よし明日からすっきりした体調が戻る♪

なんて、調子の良い女性の体ではありません・・・。残念ながら、更年期の年齢が終了したかな?と思っても不調はそのままなのです。これは、アフター更年期という本にも書かれているのですが、更年期のその後としてまだまだ不調は続いていくのです。

after-kounenki

そもそも、更年期の症状は年齢を重ねていく女性が、様々な病気にかかりやすいので、今後の人生、元気に生きていくために予防をしましょう!年齢を重ねていくと、ホルモンの減少をはじめ若いときと違って、あらゆる機能が低下していくから、病気にならないように気を付けていきましょう。 と、良くも悪くも「お知らせ」のサインだったのです。

 

更年期を乗り越えれば、さも体調復活!イライラしない毎日が待っていると思われがちなのですが、そうもいかず、イライラなどの不調とともに、年齢を重ねていけば、高血圧や骨粗鬆症、糖尿病に血糖値が気になる・・・などあらゆる病気の危険性がでてきます。

これらの病気を予防するためにも、更年期の症状があらわれだしたときに対策をしておけば、更年期の年齢をすぎてからも、食事や適度な運動、定期的な健康診断を受けるなど病気を予防、または早期発見することに繋がるのです。

 

60代の母のイライラがひどいんです。

60haha-kigen60代の母。もう、とくに更年期の年齢は過ぎ去っているはずなのに、頻繁にイライラしていて、気分の落ち込みも1日に何度もある。憂鬱すぎてどこにも出かける気になれない。かと思えば急にテンションが高くなって・・・。 今までにこやかに話をしていたとおもえば、急に怒り出す。人の悪口を嫌になるほど言うようになった。 など、更年期??と疑ってしまう症状が60歳を超えてもある場合があります。

 

60代になると、女性ホルモンのうちの卵巣ホルモンでもある「エストロゲン」が全く分泌されなくなってしまいます。全く分泌されないということは、卵巣の機能が停止してしまっているということ。エストロゲンが分泌されなくなると、おわかりのように更年期障害のような症状があらわれます。 そうでなくっても、年齢を重ねていけば卵巣の機能が低下していくので様々な不調がでてきます。なのに、卵巣機能が停止してしまったら・・・。

 

それに、エストロゲンが分泌されなくなった!やばいよ!と感じた体が、「性腺刺激ホルモン」というホルモンを分泌しだすんです。それも過剰に。

閉経後はどんどん性腺刺激ホルモンは分泌されて、女性ホルモンは分泌されない。 この極端な現象によって、自律神経がパニックを起こしてしまい自律神経の乱れが顕著にあらわれてしまうのです。

よくいう、自律神経の乱れは、ホルモンのバランスが乱れてしまっているから起こるものだったのです。

 

更年期のその後対策はどうすればいいの?

処方箋を書く医者

あまりにもひどい症状の場合は、家族が病院へ連れていくことが先決です。症状によって受ける診療科は違いますが、まずは婦人科。家族が見て、精神的に大丈夫かな?と思ってしまうようなら、心療内科。もしくは、総合病院で受付で聞けば、最初に受診した診療科の先生が適切な診療科へ案内してくれます。

でも、更年期の年代の女性もそうなのですが、60代を過ぎて、本人が認めたがらない症状もあります。(家族が見るとおかしいのに、本人は何もないと言い張る、または病院へ行くとこを極端に嫌がる) 本人からすると、精神的におかしいのでは?と家族が思っていることに腹を立てます。

まだ、30~50代前半の閉経のまだの女性のほうが、今までの自分と違う。と思って何かしら対策をしようと動きますが、閉経後の女性は、アフター更年期という更年期後も色々な症状があるとう認識が薄いので、更年期の年齢でないんだから、何もおかしい症状はないと思っているようです。

 

 

漢方の王様、田七人参本人が自覚して一緒に病院へ行くことが一番良いことなのですが、どうしてものときは漢方などを旦那さんと一緒に飲むと良いでしょう。 当サイトでおすすめしている田七人参という漢方は、男女ともに人気のある漢方。

更年期のあらゆる症状はもちろん、血糖値の数値が気になる糖尿病、自律神経の乱れ、めまい、憂鬱な気分、高血圧、貧血といった症状にも有効なので、高年齢の方ほど飲んでいる漢方です。

田七人参を飲んでみて、朝がスッキリする。

イライラがおさまった!

 

そんな女性が多いので一度試してみると良いでしょう。

でもできるだけ、旦那さんと一緒に飲むことをおすすめします!

なぜなら、自分は普通なのに何で飲まなきゃならない?!と機嫌を損ねる可能性もなくはないので、旦那さんが高血圧だから、予防のために一緒に飲もう。と言ってあげたり、子供さんがご両親の健康のために。とプレゼントしてあげてるほうが良いですね。

家族一人がイライラしていると、まわりの空気が本当に凍り付きます。 せっかく遊びにいった孫も行きたがらなくなるのは嫌ですものね。

漢方の王様でもある田七人参はサプリメントでも手軽に飲めるので、漢方を煎じたり、漢方薬局で粉末の飲みにくい形状でもないので続けやすいです。

arrow50代・60代の男女から圧倒的な支持を持つ田七人参サプリの口コミをチェックする!