更年期障害のホルモン治療について



イライラしたり、気分が落ち込んだりしているときって、一つも良いことがないような気がしませんか?運が良かったり、良いことが起こる人は、常に元気で明るい笑顔で生き生きしています。 更年期の症状を抑えることが可能な、更年期サプリで運がよくなる?!かもしれませんよ(^^♪



chimeidhyouban

更年期障害の症状があまりにも酷く、生活もままならない・・・病院で治療してもらった方がいいのかな?と思っている人も居るのではないでしょうか?

サプリメントで改善できればいいのですが、それでは補えないくらい女性ホルモンのバランスが乱れていて、医療の力を借りなければならないと感じる場合や、重度の更年期障害ならホルモン剤による治療をした方が良いでしょう。

そこで、ホルモン剤の治療ってどんなもの?どういう検査をするの?といった疑問にお答え!病院での治療を検討している方はチェックしてくださいね。

 

 

ホルモン剤を処方してもらうまで

kounenki-chiryouhou

まず、更年期障害で病院を受診する際は産婦人科・婦人科を受診します。更年期障害の診断は、血液検査や尿検査、子宮や卵巣を超音波で見る検査、他にも乳がん検査や細胞の検査などを行うことがあります。

それらを経て更年期障害と診断されれば、ホルモン剤を処方してもらうことが出来ます。

 

 

ホルモン剤にも種類がある

研究をする若い女性

例えば、同じように更年期障害の症状が強くても、手術で子宮を摘出済みの人、閉経している人、していない人、といったように条件は様々。それに合わせて飲む薬、薬に配合されるエストロゲンの量なども変わってきます。

信頼できる医師に、しっかりと自分のことを解ってもらいましょう。症状の度合いによっては、いきなりホルモン剤を摂取するのがイヤ、という人も居るでしょう。そういう場合は、漢方を処方されることもあります。ただ、重度でどうしてもすぐに改善させたい場合は、やはりホルモン剤が手っとり早いと考えられます。

 

 

病院で摂取できるホルモン注射は効果がある?

kounenki-horumonchuusha

病院の治療では、ホルモン剤を注射で打つというものもあります。また、プラセンタを注射するという治療法も。ホルモン注射はホルモン剤同様の副作用などがありますが、やはり即効性は高いです。また、プラセンタは副作用の心配が少ないですが、ホルモンを注射することと比べると効果が出るのに時間がかかるでしょう。

どちらにしても、一度注射すれば良いというわけではないので、定期的に病院へ通い、注射をし続ける必要があります。

 

 

結局どの治療法がイイの?

処方箋を書く医者

病院に受診すれば、医師が病気の度合いに合わせて良い治療法をオススメしてくれるでしょう。しかし、重度になる場合は病院に何度も通うのが大変だと思うので、ホルモン充填剤を使った治療を選ぶ人が多いでしょう。しっかり医師に相談して決めるということが大事ですね。

 

 

h3kounenkioyakudachi

kouneki-ikura-mini

更年期の治療にはいったいいくらかかるの?

更年期障害の治療にかかる費用は?いったいどれくらい治療を続ければよいの??

arrow 詳しくはこちら

no1-mini

更年期障害で悩む男女が選ぶNO1漢方サプリ!

何と女性だけでなく、男性からも圧倒的な支持!

arrow 詳しくはこちら

saponin-mini

更年期改善の救世主は「サポニン」!

サポニンパワーを実感できるサプリの選び方

arrow 詳しくはこちら